テレワーク・在宅勤務のコンサルティング

Other

テレワーク導入費用対効果診断

「テレワークを導入したいが費用がどれくらいかかるのか不安」
「かけた費用に見合う効果があるのだろうか」
このような不安をお持ちの方はテレワーク導入費用対効果診断をお試しください。
5分ほどで終わる診断です。

診断表サンプル
診断表サンプル

▼テレワークで削減できる費用

テレワークでは以下の費用を削減できます。

通勤費 在宅勤務では通勤費を削減できます。定期券を利用している場合でも週1回からの在宅勤務で通勤費の削減が可能です。
オフィス賃料 在宅勤務により出社者が減少した場合やモバイルワークを導入してフリーアドレスを導入した場合にオフィス賃料が削減できます。
光熱費 在宅勤務により出社者が減少した場合やモバイルワークを導入してフリーアドレスを導入した場合に光熱費が削減できます。
採用費 育児・介護理由、パートナーの転勤・結婚など引越しによる退職は在宅勤務で防ぐことができます。
教育費 育児・介護理由、パートナーの転勤・結婚など引越しによる退職は在宅勤務で防ぐことができます。
交通費 モバイルワークを導入し、訪問先から一度会社に立ち寄って帰宅するのではなく、直接帰宅するようにすると交通費が削減できます。
残業代 モバイルワークを導入し、訪問先から一度会社に立ち寄って帰宅するのではなく、直接帰宅するようにすると残業代が削減できます。
出張費 拠点間でウェブ会議を導入すると出張費を削減することができます。

▼テレワークに必要な費用

テレワークでは以下のことができるように環境を整える必要があります。

リモートデスクトップ リモートデスクトップで社外から会社のデータにアクセスできるようにします。
ウェブ会議 在宅の人とオフィスの人、支社間でコミュニケーションができるようにします。
グループウェア 情報を共有できるようにします。
ウェブ勤怠管理システム ウェブ上の勤怠管理システムで離れた社員の勤怠を管理できるようにします。
通信環境 自宅または外出先からインターネットに接続できるようにします。

Contact


まずはお気軽にお問い合わせ下さい。