テレワーク・在宅勤務のコンサルティング

テレワークとは
テレワークとは
自治体におけるテレワーク施策について
テレワーク、働き方改革に関する助成金について
ふるさとテレワークとは
育児休業中のテレワーク
障がい者のテレワーク(在宅)雇用について

Telework

テレワーク、働き方改革に関する助成金について


テレワーク活用・働く女性応援助成金

(公財)東京しごと財団では、働き方改革の推進に向けたテレワーク環境の整備や企業における、女性の新規採用・職域拡大を目的とした設備等の整備を支援するため、費用の一部を助成しています。助成率1/2、上限250万。詳細は以下からご確認ください。

テレワーク活用・働く女性応援助成金のご案内

働き方改革宣言奨励金

奨励金を活用して「TOKYO働き方改革宣言」や働き方・休み方に関する制度整備を行うことができます。奨励額(最大70万円)。

東京都 働き方改革宣言奨励金

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)

時間外労働の制限その他の労働時間等の設定の改善及び仕事と生活の調和の推進のため、在宅又はサテライトオフィスにおいて就業するテレワークに取り組む中小企業事業主に対して、その実施に要した費用の一部が助成されます。成果目標の達成状況により、達成の場合の補助率3/4(上限額20万円/人 150万円/企業)、未達成の場合の補助率1/2(上限額10万円/人 100万円/企業)。

厚生労働省 時間外労働等改善助成金(テレワークコース)

働き方改革支援システム『F-Chair+』の導入費用他、テレワーク導入コンサルティング、就業規則の変更、研修が支給対象となります。詳細はお気軽にお問い合わせください。

はじめてテレワーク(テレワーク導入促進整備補助金)|東京しごと財団

東京都が実施するテレワーク導入に向けたコンサルティング(※)を受けた都内の中堅・中小企業等に対して、(公財)東京しごと財団は、テレワークをトライアルするための環境構築経費、および制度整備費を補助します。

補助対象事業者は以下のとおりです。

・都内に勤務している常時雇用する労働者を2人以上999人以下、かつ6か月以上継続して雇用していること
・就業規則にテレワークに関する規定がないこと
・東京都が実施する「2020TDM推進プロジェクト」に参加していること
その他詳細な要件があります。詳しくは「募集要項」のページをご確認ください。
はじめてテレワーク(テレワーク導入促進整備補助事業)|応募要項


テレワーク費用対効果診断をご活用ください


費用対効果診断

Contact


まずはお気軽にお問い合わせ下さい。