テレワーク・在宅勤務のコンサルティング

会社概要
ビジョン
会社概要
代表あいさつ
わたしたちの働き方
アクセス
採用情報
社会貢献

Outline

わたしたちの働き方

わたしたちの働き方

テレワークマネジメントは社員の8割が在宅勤務を実施しています。
「社員の一日」と「スタッフインタビュー」を通して、わたしたちの働き方をご紹介します。

コンサルタントの一日の流れ

コンサルタントプロフィール

鵜澤純子

テレワークコンサルタント・マネージャー。
地域情報化アドバイザー。ITコーディネータ
長女の出産を機に前職を退職し、2年間の専業主婦を経て、2002年にフリーランスの在宅ワーカーとして(株)ワイズスタッフに登録。
その後8年間在宅で、マーケティング、調査、プロモーションなどを経験し、2011年より現職。
週5完全在宅を基本とする働き方で、テレワーク導入支援のコンサルタントチームのマネージャーとして全国各地を訪問中。

テレワークをフル活用しワークライフバランスを実現
8:00 家族を送り出したら、自宅で始業、メールチェック。
在席管理システムFチェアをオン。今日は午後、子供の学校の保護者会に参加するために2時間程度抜けるので、その分、少し早めに始業します。
13:00
10:00 訪問先へ。
都内の企業へコンサルティング提案のため移動。テレワークのメリットを最大限に活用いただけるような提案内容を携えて。
9:00
11:00 打ち合わせ。
14:00 訪問先から直接学校の保護者会へ参加。
Fチェアはオフに。この日は長女の学校保護者会。訪問先から直接向かいます。自宅に戻らずに直接移動することで、時間のロスを最小限に抑えることができます。
11:00
16:00 自宅に戻り仕事。Fチェアをオンにして仕事再開。
午前中の訪問の報告をグループウェアで社内共有。その後、自治体関連プロジェクトのキックオフ会議に、バーチャルオフィスから参加。
13:00
17:30 子供の塾の送迎のため一時離席。
Fチェアをオフに。送迎中の車内も家族との大事なひととき。在宅勤務ができなかったらこの時間は誰かに頼むか、小学生の娘が一人で塾まで行かなければ行けないので大変ありがたいです。
18:00
19:30 食事。
夫の帰りが遅い日は、子どもたちと先に食事をとります。今日の保護者会のことや今週予定している出張の行き先について話したり。母親が「柔軟に働く」姿を子どもたちに見せることで、将来、子どもたちが、仕事も、家庭も、自分も大切にできる女性になって欲しいと思っています。
20:00
21:00 Fチェアをオンにして、30分ほどメールチェックや残処理を自宅で実施、Fチェアをオフにして終業。  

スタッフインタビュー

自身も柔軟な働き方をしている二人のテレワークコンサルタントに、「働き方」についてインタビューしました。

プロフィール

加藤奈央

テレワークコンサルタント、地域情報化アドバイザー。
大手人材会社で中途採用のコンサルティングに従事。
子育てと仕事の両立の難しさから惜しまれて退職する方を目にし、「柔軟な働き方」があれば働く人と企業双方によい形が実現できるのでは思いはじめ、テレワークを知る。現在は全国各地様々な業種でテレワークのコンサルティングを行う。
当社では珍しく「オフィスに出勤」しているが、在宅/モバイル勤務もフル活用の働き方で、オフィスとテレワーク勤務の視点を活かした支援を実施中。趣味はハイキングの山ガール。

渡辺千明

テレワークコンサルタント。
大手人材紹介会社でキャリアアドバイザー・企画・コンプライアンス部門での経験を生かし、キャリアアドバイザーとして独立。ダイバーシティの観点からテレワークに興味を持ち、当社に入社。現在は、製造業から小売、NPOまで幅広くコンサルティングを行う。テレワークセミナーの運営担当としても活動し、自社共催セミナーも数多く経験。プライベートでは2児の母。共働き・夫婦とも地方出身者という都会の今どき核家族。「仕事と子育ての両立の秘訣はテレワーク!」が口癖でPTA活動にも積極的に参加している。

インタビュアー 宮前祐子

大学時代、WEBデザイナーのアシスタントを“テレワーク”で行っており「家で働く」ことに可能性を感じつつも、卒業後はメーカーに就職、結婚。
パートナーの転勤を機に柔軟に働けるスタイルに変更したいとテレワークマネジメントの初期メンバーとして入社。
二度の産休・育休を取得し、テレワークを活用しながら子育てと仕事に奮闘する毎日を送っている。とんかつとステーキが好きな肉食女子。

ー宮前
今日はありがとうございます!お二人の働き方を詳しく教えてください。
その前に、テレワークマネジメントに入社した経緯を教えてくれますか?

入社の経緯

ー渡辺
私は入社前は個人事業主として在宅でキャリアアドバイザーの仕事をしていました。仕事を始めた当初は下の子が保育園に入れず(その後認証保育園へ入園)、上の子の幼稚園の預かり保育も充実していなかったので、在宅でどうやって働くことができるのかを調べていたら、田澤さんを知りました。
早速田澤さんの本を買って読んでみると、「自分が雇用されながら在宅勤務で働く」という発想が無かったので、面白そうと思い、面接を受けました。
ー宮前
そうすると入社は2014年ですね。
ー渡辺
はい。出版直後にはいりました。加藤さんはその一年前2013年ですね。
ー加藤
はい。私は前職で人材業界で企業の中途採用支援に従事していました。転職した人が活躍し続けてくださるといいなと思っていましたが、育児と子育ての両立ができずに退職する、また育休復帰後にはキャリアチェンジをせざるを得ない、という状況もお聞きして、企業にとっても転職者にとってももったいないな…と。自宅でも働けたらいいのかな、と漠然と考えていました。
ー宮前
なるほど。
ー加藤
さらに、会社が社員に自宅で働くことを許可するには、「人の管理の問題」と「セキュリティ」の不安をクリアすることが必要なのかな?って思っていたんです。そのワードで色々調べていたら「テレワークマネジメント田澤由利」にたどり着いて、縁を感じて採用試験を受けました。
ー宮前
入社してどうですか?
ー加藤
田澤さんは気さくで、すごく熱意があるなと感じました。新しい働き方の導入を支援できるので、仕事は大変やりがいがあります。
ー渡辺
楽しいです(笑)やろうとおもっていたことができていると思います。
ー宮前
よかったです(笑)。では、お二人の働き方について伺いたいと思います。渡辺さんからいいですか?
ー渡辺
>私は、入社当初は週五日東京オフィスに出勤していたのですが、今は週四日在宅勤務、週1日東京オフィスに出勤しています。
ー宮前
入社当初は始業時間を30分前倒しして勤務されてましたよね?
ー渡辺
はい、前は夕方こどもたちをふたりともピックアップすると時間がかかってしまうので、終業を17時にするために30分前倒して、時短ではなくフルタイムで勤務させてもらっていました。
ー宮前
そういう要望はすぐに許可してもらえるし、そういう点ではうちの会社はとても柔軟ですよね。いま、完全在宅勤務になってどうですか?
ー渡辺
朝はすごく楽。通勤時間の削減分、朝の時間が増えました。朝も5時30に起きていたのが6時になって。来年、上の子が学童に入れない学年になるので、放課後、習い事をさせようとおもっているのですが、一人でカギをしめて行けるように、とか教えていて、この一年はその準備期間として在宅勤務をフル活用しているところです。
ー加藤
いいですね。
ー宮前
加藤さんは、全日東京オフィスに出社されていますね、在宅勤務をするときもあると思いますがそういうときはどうですか?
ー加藤
やはり、朝の時間がたっぷりあるとおもいます。小さなことなのですが、朝、掃除ができたり、乾燥機を使わずに洗濯物が外に干せるとか、夫を見送れる、とか。なんとなく余裕がある感じです。これはうちの会社じゃないとかんがえられないなと思います。
ー宮前
お二人は移動も多いとおもいますが、移動の間、外のどこかで仕事をする、ということもありますよね。
ー渡辺
はい。お客様の中でも、例えば営業部隊とか、働ける場所をフレキシブルにして、移動時間を工夫することで生まれる30分などで仕事してもらいたいっていう要望があって・・
ー加藤
そういう時間の積み上げが業務の効率につながりますよね。お客様の中では、直帰するときは許可が必要だとか、そういう会社様が多いのですが、うちの場合は、「効率が良い方を選択できる」システムになっているかなと思います。
ー渡辺
上司が全国を飛び回っていても、バーチャルオフィスでつかまえて確認、とか(笑)
ー加藤
日常茶飯事ですね
ー宮前
すみずみまでIT化されているので、テレワークがうまくまわってますよね。
ー加藤
あとITを使いつつ、情報共有がうまくできていることがキモかなと思います。
ー宮前
逆にいま、テレワークしていて、ここがデメリットと感じるところはありますか?
ー加藤
家で仕事をしていると家族に多少気を使う部分はあります。夫は家に仕事を持ち込まないタイプなので、なおさら(笑)
ー渡辺
デメリットなのか分からないですが、うちは夫もテレワークをしていて、夫も家でテレビ会議、というときがあるのでお互いの声が被らないように別室に移動したり・・というのがありますよ。
ー宮前
旦那さんもテレワークされてるんですね。

テレワークコンサルティングについて

ー宮前
働き方とはすこしずれますが、テレワークコンサルティングの時に気をつけていること、お客様に特にお伝えしたいと思うことがあったら教えて下さい。
ー渡辺
田澤さんからは、コンサルティングの時、「もっともっとテレワークのメリットを知ってもらいなさい」と言われます。
ー宮前
どういうことですか?
ー渡辺
たとえば、お客様からは「週一回、“切り出した業務”でテレワークをこういう職種で実施したい」という希望があって、コンサルタントなので、それを実現するのはもちろんなんですが、「将来的に、週一回だけのテレワークだと将来的にどのような壁にぶつかるのか」ということも強く伝えつつ支援して欲しいということですね。
ー宮前
なるほど。
ー渡辺
将来的なテレワークの拡大とかを視野にいれたコンサルティングを意識しています。
ー加藤
テレワークをしっかり活用して、企業としてたくさんメリットがあるので、そういうのを意識したコンサルティングをしていきたいですね。
ー渡辺
そうですね。
ー宮前
今後の目標があれば教えて下さい。
ー加藤
制度が入ってもなかなか使われないケースも多いです。会社としては柔軟に働ける人たちを増やして社会を変えていきたいという理念があるので、もっともっとテレワーク人口を利用者を増やすために情報発信しつづけていきたいと思ってます!
ー渡辺
加藤さんと同じく、テレワークの認知度をひろめて市場を拡大していきたいですね。
ー加藤
そうですね!
ー宮前
今日はありがとうございました!

Contact


まずはお気軽にお問い合わせ下さい。