テレワーク・在宅勤務のコンサルティング 株式会社テレワークマネジメント

Info

お知らせ

【田澤由利 新刊発売】『テレワーク本質論』-企業・働く人・社会が幸せであり続ける「日本型テレワーク」のあり方

(株)テレワークマネジメント代表取締役 田澤由利著『テレワーク本質論』 2022年2月14日発売

 八重洲ブックセンター本店の総合ベストセラーランキング(期間:2022年2月13日~2022年2月19日)1位!!

著者:田澤由利
出版社:幻冬舎(2022/2/14)
新書:‎ 208ページ
ISBN-10:‎ 4344937139
ISBN-13 :978-4344937130

▼現在Amazonで販売中です▼
『テレワーク本質論』
企業・働く人・社会が幸せであり続ける「日本型テレワーク」のあり方 

『テレワーク本質論』のご紹介


テレワークの本質とは、企業が、働く人が、そして社会が「幸せになる」こと
そして「幸せであり続けること」

テレワークの本質に近づくための知識・考え方・実践方法を詳しく解説!

前著「在宅勤務が会社を救う」を上梓してから8年。2020年のコロナ禍をきっかけにテレワークの普及は大きく広がりました。

感染防止を目的に、多くの企業がテレワークを緊急対策として実施、企業も働く人もテレワークのメリットを実感しました。しかし、コミュニケーションやマネジメント、生産性の低下など、課題にぶつかり、後戻りをする企業が増え始めています。その一方で課題を克服し、さらにテレワークを推し進め、大きく成長していく企業もいます。

テレワークとは、「感染防止のための在宅勤務」ではありません。
企業にとっては生産性向上、人材確保、働く人にとってはワーク・ライフ・バランス向上、さらには日本における労働力確保、少子化対策、地方創生など、数多くのメリットを生み出します。

テレワークが生み出すたくさんのメリットは、企業を、働く人を幸せにし、さらには社会全体を幸せにします。

テレワークの本質はここにあると考え、企業が、働く人が、本質により近いテレワークを実現するために必要な基本知識や考え方、具体的な実践方法をより多くの方々にお伝えすべく、今回の『テレワーク本質論』を上梓いたしました。

テレワークに課題を抱える方、また、テレワークをより発展させたい方はもちろん、テレワークの必要性に疑問を感じる方々にも、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

『テレワーク本質論』目次一覧

  • [第1章] コミュニケーションが取れない、マネジメントができない、 生産性が上がらない…… 間違いだらけのテレワーク
  • [第2章] テレワークは単に離れて仕事をすることではない
  • [第3章] テレワークを成功に導く心得十か条
  • [第4章] テレワークでのコミュニケーション実践のポイント
  • [第5章] テレワークでのマネジメント実践のポイント
  • [第6章] テレワークが当たり前になる社会へ

田澤由利プロフィール


田澤由利(たざわ・ゆり)
株式会社テレワークマネジメント/株式会社ワイズスタッフ代表取締役

 北海道北見市在住。上智大学卒業後、シャープ(株)でパソコンの商品企画を担当。
フリーライター経験を経て、1998年(株)ワイズスタッフを、2008年日本初のテレワーク専門のコンサルティング会社(株)テレワークマネジメントを設立。民間企業等へのテレワーク導入・活用支援や、国や自治体のテレワーク普及事業等を広く行う。また年間150本超の講演をしながら、国土交通省 国土審議会計画部会、内閣官房 地方創生テレワーク検討会議、総務省「ポストコロナ」時代におけるテレワーク定着アドバイザリーボードなど、テレワークの新たな普及定着に向けた政策検討会議に参画している。
上智大学非常勤講師。

●最近の主な受賞歴(個人)
2021年 第66回前島密賞
2020年 文部科学省 地方教育行政功労者表彰
2016年 厚生労働省テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰個人賞
2015年 総務省平成27年度情報化促進貢献個人等表彰

田澤由利個人の活動については、オフィシャルサイトもご参照ください。
田澤由利 テレワークがあたり前の日本へ

書籍に関するお問い合わせ/取材のご希望

「テレワーク本質論」に関するお問い合わせや取材のご希望は、お問い合わせフォームへお寄せください。2~3営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせフォーム